【レース回顧】重賞予想回顧&推奨馬結果報告

ども!たっかー(@tacker007)です。

2018年のグランプリ、有馬記念が終わりました。

まだ28日が残っていますが、心にポッカリと穴が空いた感じがします。

皆さん、有馬記念の結果はいかがでしたでしょうか?

 

さて、本日はWIN5がキャリーオーバー。

その額、599,802,210円

6億円弱が28日の開催に持ち越しとなっています。

WIN5プレーヤーの2018年は28日がクライマックスになりますね!

 

では、今週のレース&予想を回顧していきます。

それでは、土日の予想を振り返っていきます。

土曜 推奨馬結果報告

中山9R デンバーテソーロ 5番人気5着

想定より後ろの位置取りになりました。

ペースも速かったですし、これは致し方なく。

最後1頭詰めていましたが、馬群を捌くのに手間取ってましたね。

やはりスムーズな先行策で買える馬です。

1400mの方がいいかもしれませんね。

 

中山12R クリッパー 3番人気7着

直線一瞬伸びましたが、すぐに垂れました。

着順ほど負けていないので、次走短縮や内枠替わりで見直したいです。

阪神C回顧

◎ ミスターメロディ 2番人気2着

勝ったダイアナヘイローは、前走番手競馬から今回は逃げて再度激走しました。

よくあるパターンです。

スタート切った直後、買わなかった事を非常に悔やみました(泣)

 

2着のミスターメロディは条件好転で浮上しましたね。

これが2番人気とは…みんなどんだけ馬券上手なんだ?(笑)

前を捉える手応えだったにも関わらず最後詰めきれなかったのは、追うミスターメロディよりも逃げたダイアナヘイローの馬のキモチが乗っていたためでしょう。

3着スターオブペルシャは、相手なりに善戦するタイプでビップライブリーのような馬です。

重賞レベルであれば、再度穴を開けることもあるかと思います。

あくまで『穴』で狙うべきで、人気では買いづらいです。

このレース、4着までの馬番が3-2-5-1と内枠有利のレースとなりました。

5~8着に有力な差し馬が並んだことからも、今回の予想の鍵はイン有利の馬場状況にあったと考えます。

ディープインパクト産駒の適性が合わないことも合わせて組み立てていれば…辛うじてワイド的中という悔しい結果にはならなかったよなぁ(苦笑)

凡走したディープインパクト産駒の次走の巻き返しにも注目したいです。

日曜推奨馬 結果報告

中山2R マックスアン 2番人気3着

スタートでアオリ、直線で狭くなったりとスムーズに展開できませんでした。

4角ではイケる!と見てましたが…

 

中山3R マイネルペンドラム 8番人気4着

上位人気が崩れなかったとは言え、インからしっかり捌いてくれた上で4着でした。

穴予想は上位人気が崩れず4着という結果が多くなります。

マイネルペンドラムについては、次走短縮臨戦なら引き続き狙えると思います。

 

阪神3R マレシャル 5番人気14着

終始力んでいた様に見えましたので、短縮臨戦で再考したいです。

中京マイルで狙いやすいですね。

 

中山5R キタノオドリコ 4番人気10着

テンが速くなったとは言え、この馬は行ったら行ききらないとダメです。

一息で走りきる馬を抑えちゃダメなんです。

前走後方から勝てなかったからこそ、行ききることに意義があるのになぁ…。

差し決着でしたので、行ききっても望み薄でしたけどね。

先行勢手薄のタイミングで再度狙えると見てます。

有馬記念 回顧

◎ モズカッチャン 4番人気8着

想定より雨の影響が大きくなりました。

天気と馬場読みで大きなズレが出てしまいましたね。

やはり、まとまった雨が降っている中山芝コースは、インと先行馬が止まるシーンが多くなります。

今回上位に来たのも、終始内から3頭目あたりで流れに乗った馬です。

 

勝ったブラストワンピースは、大幅な距離短縮で怯まず位置を取りに行ったのが勝因です。

前走菊花賞ローテの上昇パターンですね。

菊花賞はスローで差して詰めきれず、つまり疲労が残らない凡走から短縮で距離不安がなくなり位置を取りに行って上昇するパターンです。

有馬記念に関わらず、他のレースでも使えるパターンですよ。

レイデオロは2着でした。

天皇賞秋の疲労というより、馬場が渋って若干反動が出たのが原因と見ています。

京都記念も馬場が渋ってダメでしたからね。

今日の雨で最も恩恵を受けたのは3着のシュヴァルグランでしょう。

インと先行馬が潰れたのと、位置取りを少し下げたことで前走の疲労を軽減できたことが好走要因です。

やはりスタミナが試されると、天皇賞春連対馬が浮上しやすくなります。

本命のモズカッチャンは8着と馬群に沈みました。

終始内々にいたのは枠順を考えれば問題ないことですが、直線で外に出したあたり、やはりインコースの状態が厳しかったということでしょう。

 

2018年の中央競馬も残りあと1日。

ラストのラスト、12月28日(金)2018年の中央競馬駆け込み開催。

良い形で締めくくりましょう!

 

ランキングサイトに登録しております。

ワンクリックのご協力、よろしくお願いします!

人気ブログランキング

予想に参加しています!

最強競馬ブログランキングへ