【2018 有馬記念】1年越しの夢を込めて!有馬記念最終予想公開!!

いよいよ明日に迫りました、冬のグランプリ、2018年の中央競馬締めくくり!

12月23日 中山11R 第63回 有馬記念 GⅠ

前日段階での見解と予想を発表します。

有馬記念 予想

ペース予測ですが、私は前半は緩むと見ています。

キセキは疲労懸念があり、陣営側も一工夫練ってくる可能性が高いだろうと。

であれば、前半緩いペースで展開し、向こう正面半ばから4F超のロングスパート戦に持ち込まれると推測します。

求められる能力は、上がり33秒台での短い脚ではなく、差すなら後半5F58秒台前半(高速馬場であれば57秒台)で上がる止まらない脚です。

となると、外から豪快に差すより、インからロスなく抜け出す形を取れる馬を上位に取るのが良策と考えます。

 

馬のキモチ.com、2018年有馬記念の本命は…

 

 

 

◎ モズカッチャン

昨年のエリザベス女王杯の時点から、有馬記念に出て内枠を引いたら本命にしようと決めていた馬です。

今年の京都記念を見て、更に有馬記念の内枠を強く願った2018年。

そして、本当に内枠引いた!!(かなりイレこんでおります)

M.デムーロが継続騎乗、人気落ち、前走より間隔を詰めたローテ、そして内枠と条件は揃いました。

内枠なら無理に控えず好位を取りに行くでしょう。

怖いのはスタート出遅れのみ。

馬体を少し絞れれば状態は文句のつけようがありません。

 

〇 レイデオロ

この馬の名前は、スペイン語で『金の王』だそうです。

ダービー、天皇賞秋を勝ち、有馬記念を勝つとなれば、この馬の価値を高めてくれることでしょう。

日本競馬界の玉座への道が開けていくように、土曜の馬場は冬場にしては高速傾向、そして雨の影響も気にならない良馬場での開催が濃厚と条件は向きました。

先日の有力馬分析でも触れましたが、この馬の最大のストロングポイントは止まらない末脚です。

勝負所で外目を回す可能性が高く、その分で対抗としましたが、直線しっかり勝ち負けに持ち込むものと見ています。

 

▲ ミッキーロケット

理想よりは外目の枠に決まったものの、不利の影響は大きくはないと見ています。

問題は位置取りです。

前走後方に控えたことで、今回位置を取りに行くとなれば負荷が大きくなるのが気になります。

ジャパンカップではガス切れ上等で位置を取っておいて欲しかったです。

今回もポツンなのか?

 

△ ブラストワンピース

△ ミッキーロケット

△ シュヴァルグラン

以下、前走長い距離で凡走し大幅距離短縮で前進が見込めるブラストワンピースは、狭いコースがひっかかり4番手まで。

今年の春のグランプリホース、ミッキーロケットも展開がハマれば好走も有り得ると考えます。

クリンチャーは内枠好位と理想的な展開になりそうです。

馬場が渋らないことで評価が落ちるなら買いと考えます。

 

最後にオジュウチョウサンですが、調整面不安と2番人気という過大評価もあり、とても買える馬ではありません。

内枠のステイゴールド産駒ということで、一発ある可能性は捨てきれません。

それでもこの人気なら、来たらゴメンナサイです。

 

ランキングサイトに参加しています!

ワンクリックのご協力、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング

予想に参加しています!

最強競馬ブログランキングへ