【レース回顧】朝日杯FS&ターコイズS 他

昨日まで競馬のことを考える余裕が全くなくなる案件がありまして、記事の更新ができずにいました。

今年中には解決する予定ではあります。

更新が止まっていたこと、お詫び申し上げます。

 

さて、有馬記念の分析に入る前に、先週の結果を振り返っておきます。

 

土曜重賞 ターコイズS回顧

◎ リバティハイツ 10人気2着

カワキタエンカが1000m57.5秒のハイラップで飛ばし、上がりは時計がかかる展開になりました。

特殊な展開になった事で、中緩み展開に強いディープインパクト産駒の差し馬は軒並み凡走に終わりました。

上位に来たのは、内枠に入ったパワータイプの差し馬です。

ここで凡走した馬で、次走巻き返しそうな馬が複数います。

今回がキツかった分、次走で適性が合えば巻き返しますのでチェックが必要です。

 

推奨馬のリバティハイツが10番人気2着と好走しました。

人気のフローレスマジックを消し評価で11着と凡走。

しかし私の馬券はというと…痛恨の相手不在。

大局はハマったものの、ディテールが不完全。

これは悔しい!!ここまで速い展開を想定していない時点で、予想の観点がズレてました。

土曜推奨馬結果報告と反省

阪神9R ミヤジシルフィード 4人気13着

前走からの一変を期待しましたが、結果はシンガリ負け…。

位置取りが先団を見る形になったのも良くなかったとは思いますが、それにしても負けすぎです。

ダッシュ力の見積もりのミスが最も大きかったと思います。

 

阪神11R ライトフェアリー 10番人気14着

休み明けのレースで大幅馬体減、この時点で凡走の可能性が高い上に、掲示板を4枠以内が占める内枠決着でお手上げでした。

ツイッターで触れたアクティブミノルもハナを切れずでは、予想的に良いところがないです。

GⅠ 朝日杯FS 回顧

◎ グランアレグリア 1番人気3着

簡単に振り返りを。

勝ったアドマイヤマーズは、前走から一列下げて上手く末脚を温存できた形になりました。

グランアレグリアを前に見る形を取ったM.デムーロ騎手の英断は流石としか言いようがありません。

言い換えれば、あの位置から差せる自信があったとも見れるわけで、その判断の根拠にグランアレグリアの道中の力みがあったとも見れます。

 

クリノガウディは距離ロスなく揉まれることも少ないインの好位と絶好の位置につけましたね。

NHKマイルを距離短縮で臨めば面白そうです。

 

グランアレグリアはスタートから力んでいました。

道中の走りに余裕がありません。

んー、トライアルホースなのかなぁ…

距離変更があった方が良いかもしれません。

次走、休み明けを快勝するようならトライアルホースである可能性が高くなります。

桜花賞凡走からのNHKマイルが面白そうな気はしますが…

 

さて、予想の方はというと、

1着 ▲ アドマイヤマーズ

2着 △ クリノガウディ

3着 ◎ グランアレグリア

でしたが、

私の馬券はグランアレグリア1、2着付けの3連単が中心で不的中。

日曜 推奨馬結果報告と反省

中京5R へヴンリーウインド 3番人気11着

うーん、不利云々というよりここまで追わないレースをされると評価のしようがありません。

 

中山11R マイネルハニー 6番人気6着

1コーナーまでの行きっぷりが今一つで、位置を取るまでに負荷がかかりました。

トップハンデ斤量の影響があったかもしれません。

差し決着になった展開の影響もありましたが、踏ん張れなかったのはレースに対する前向きさを失っているからだと見ます。

休み明け以外は厳しいでしょう。

今週は土日ともにもどかしい結果になり、的中なしでした…

しかし、今週と28日で気分良く2018年を締めくくりたいです。

切り替えて有馬記念に臨みます!

 

ランキングサイトに登録しております。

ワンクリックのご協力、よろしくお願いします!


人気ブログランキング

予想に参加しています!

最強競馬ブログランキングへ