【2018 チャンピオンズカップ】ウェスタールンドなど穴馬徹底分析!パヴェルの好走条件とは?

ども!たっかーです。

今回も年 レース名の分析を行っていきます。

冒頭(週末天気と対策など)

それでは、注目馬の分析を行っていきます。

注目馬分析では、上位人気以外の人気薄を何頭か取り上げていきます。皆様の穴馬の評価に役立てられれば幸いです。

推定上位人気馬の分析はこちら!

前回の注目馬分析はこちら!

注目馬分析

ンジュデジール 牝4 55.0 横山典弘

父:ディープインパクト

母父:フレンチデピュティ

牝馬限定ダート重賞で安定した活躍をし、前走のJBCレディスクラシックで初GⅠ制覇となりました。2走前のトライアルを差して詰めきれず、本番で位置取りを変え勝ちました。直線はラビットランとびっしり叩き合いましたので、疲労が残る形になったと見ています。つまり、結果的に前走がメイチとなりました。そこから中3週では、かなりの高確率で反動が出ます。買える要素がないです。

ェスタールンド セ6 57.0 〇〇

父:ネオユニヴァース

母父:Marquetry

Twitterにて軽く触れましたが、この馬の分析と結果に対して非常に興味を持っています。

分析に入る前に、全姉のミクロコスモスに触れていきます。2歳では新馬戦1着後の阪神JFで、勝ち馬ブエナビスタの3着に入りクラシックでの活躍が期待された馬です。精神的な消耗がない2歳時で走りきれましたが、3歳からは下降し、以後ハマった時だけ走るという不安定な成績になりました。これは、早熟ではなく精神的な消耗が早い馬の典型的な戦績推移です。

これを踏まえて、ウェスタールンドを見ていきます。芝を使っていた頃を見ますと、未勝利勝ち上がり以降は、リフレッシュされた休み明けか極端な位置取りがハマった時だけ好走しています。4走前からダートを使い出し、連勝でOPクラス入り。そして2走前のシリウスSでは後方からイン強襲で僅差の2着。この戦績推移について、高いダート適性を持っていたと分析する方が大半かと思います。ただ、ダートに移って精神的にリフレッシュし、一時的に走ることへの意欲を取り戻したという見方も必要と考えます。

そして、前走の武蔵野Sでしたが、出遅れから押して中団につけるも、外目の追走のロス、直線入り口で追い出しに時間がかかったこともあっての凡走でした。前走極端な位置取りで好走した馬が、次走ペースアップする短縮臨戦で流れの中に入るのは、このタイプの馬には全く合わない展開です。

今回も同様、中途半端な位置取りでは高い確率で直線止まります。後方一気のハマり待ち以外に巻き返す可能性は皆無と見ます。

ヴェル 牡4 57.0 グティエレス

父:Creative Cause

母父:Maria’s Mon

この馬の分析に入る前に、なぜ海外馬は日本のダートGⅠで勝てないのか?を考えてみましょう。

日本での調整不足?
ダート質の違い?

ブログ主が考える海外馬が好走するための条件は『3角3番手以内』です。不良馬場であればなお良いと見ています。

ジャパンカップダートだった時期も合わせて、海外馬が掲示板に乗ったのは3頭です。
2000年 3着 USA ロードスターリング
2003年 1着 USA フリートストリートダンサー
2004年 4着 USA トータルインパクト

これらに共通しているのは『3コーナー2番手以内』だったことです。海外のダート競馬は先行力が物を言います。更に少頭数の競馬が多い。よって、日本のレース特有の揉まれることへの耐性は、日本馬に劣るのです。『3番手以内』というのはブログ主が考える、揉まれずスムーズに走れる位置取りです。馬群の後方、いわゆるポツンも揉まれませんが、ここから好走するにはやはり馬群への耐性が必要です。

ポロケンタッキー 牡6 57.0 〇〇

父:Langfuhr

母父:Gone West

この馬は、相手弱化や負荷ばく先行できた時にパフォーマンスを上げます。飛び上がるような走法なので、揉まれるとスムーズさを欠いてダメ、外を回すにもロスが大きく、馬群を割ることもできません。

よって多頭数のGⅠだったJBCクラシックから、相手弱化で少頭数替わりだった浦和記念が走り頃でした。今回は再度相手強化で多頭数のレースですから、上積みは見込めません。

スカノロマン 牡7 57.0 太宰啓介

父:アグネスデジタル

母父:タバスコキャット

2年前のチャンピオンズカップ3着馬ですが、その後馬券内には一度も入っていません。先行できなくなったこと、精神的な消耗が大きいことが大きな要因であると、ブログ主は考えます。

 

現状は距離ロスなく追走しつつ、距離短縮で体力的に楽な分だけ差を詰める状態です。

それ以上は…。

 

ランキングサイトに登録しております。

ワンクリックのご協力、よろしくお願いします!


人気ブログランキング

予想に参加しています!

最強競馬ブログランキングへ