【2018 ジャパンカップ】注目馬分析!復調したキセキ、昨年覇者シュヴァルグラン他

ども!たっかーです。

今回も2018 ジャパンカップの分析を行っていきます。

さて、週末の天気を見ていますが、土日共に晴れ予報となっています。今のところ、高速決着の良馬場想定で良さそうですね。

それでは、注目馬の分析を行っていきます。

注目馬分析では、上位人気以外の人気薄を何頭か取り上げていきます。皆様の穴馬の評価に役立てられれば幸いです。

ランキングサイトに登録しております。

ワンクリックのご協力、よろしくお願いします!


人気ブログランキング

 

注目馬分析

セキ 牡4 57.0 川田将雅

父:ルーラーシップ

母父:ディープインパクト

日経賞は抑えが利かず道中ハナに立ち失速、立て直しを期した宝塚記念は後方に控えたものの詰められませんでした。

しかし、休み明けの毎日王冠では思い切って番手を取り、6番人気3着好走と復調気配に。次走の天皇賞秋では、更にハナに立つ極端な競馬で連続好走と、完全な復調を印象づけました。

さて、日経賞と毎日王冠、天皇賞秋のレース内容から、この馬はテンから前向きで、気分良く展開することで最後まで集中する特性を持つことが推測されます。菊花賞は後方から一気に進出し押し切りましたが、気分でパフォーマンスが乱高下する馬は、雨で渋った馬場状態が、集中を保ち激走するトリガーになることがあります。リーチザクラウンのダービーが良い例かと思います。

そして、このような極端な状況で好走した次走はそれ以上にパフォーマンスを上げる可能性は低くなります。つまり、天皇賞秋以上に直線で踏ん張りが利くことはないと考えます。

私なりに好走条件を整理してみます。

更に極端な競馬をすること⇒マイペースの大逃げ

極端な前残り馬場⇒競られる前にゴール板に飛び込む

そこそこ人気になるレースで、この条件が揃う可能性はかなり低いと考えます。距離延長も馬の特性を考えると不安の方が大きいです。

ュヴァルグラン 牡6 57.0 C.デムーロ

父:ハーツクライ

母父:Machiavellian

昨年のジャパンカップ優勝馬ですが、そのローテーションから振り返ってみます。宝塚記念後の休み明け、京都大賞典は1番人気で内から差し損ね3着でした。間隔を開けてジャパンカップへ出走。そして、最内枠に入りました。

さて、ここでその更に1年前を振り返ると、休み明けのアルゼンチン共和国杯で快勝後、中2週でジャパンカップに出走しました。外枠にも関わらず3着に好走。

話を昨年のローテーションに戻します。この2年を比べると、明らかに昨年の方が上積みは大きいことが分かります。間隔があって、休み明けをチョイ負けしたので疲労は小さい、枠は経済コースを取れる最内枠と。休み明けで控えたことだけが懸念材料でしたが、他の要素は理想的なローテーションでした。

では、今年はどうでしょうか?

大阪杯の大敗から天皇賞春で巻き返していますので、この馬自身、タフなレースでもある程度踏ん張りが利く状態であると考えられます。休み明けの京都大賞典は、好位から直線で脚色が鈍りました。こうなると、普通なら脚を矯めるために次のレースでは位置を少し下げます。しかし、アーモンドアイの存在があるので位置取りを下げると切れ負けしますので、位置取りを上げるケースも想定する必要があります。

下げれば直線で脚を使える可能性は高まりますが、アーモンドアイにやられる可能性は高く、前につければ直線で踏ん張れるか疑わしい

よって、大崩れはないまでも昨年ほどの評価はできないと見ています。取捨選択、評価が難しい1頭です。

プリ 牡4 57.0 R.ムーア

父:Galileo

母父:Anabaa

ヨーロッパの超一流厩舎であるA.オブライエン厩舎が送り込む牡の4歳馬で、昨年のアイランド・ダービー(芝2400m)、イギリス・セントレジャー(芝2920m)を制しています。未知の部分が大きい外国場ではありますが、母父Anabaaといえば、一昨年のエリザベス女王杯を制したクイーンズリングがいます。

18頭のイギリス・ダービーで5着、続く少頭数のアイルランド・ダービーで1着。間隔を開けて、少頭数のイギリス・セントレジャーを制し、頭数が増えた凱旋門賞で大敗という戦績を見ると、多頭数より少頭数でゆったり走らせた方がパフォーマンスを発揮しやすいことが分かります。

その上で前走を見ますと、8頭という少頭数のイギリス・チャンピオンSを3番人気4着。前々走の凱旋門賞は5着でした。人気より好走していますが、番手追走で馬群に入らなかったことが功を奏したように見えます。チャンピオンSの凡走は、この反動が残ったものと推測できます。

さて、今回のジャパンカップですが、13頭でのレースで中途半端な頭数でのレースです。ゆったり先行できれば、この馬の形にはなります。仮に馬群に入るとしても、広いコースで直線もバラけやすいので、全くダメということもなさそうです。切れる脚はないので、突き抜ける期待は持てませんが、他馬が潰れる展開になれば馬券内になだれ込むケースはあり得ると見ます。

雨は欲しいところです。馬場が渋れば、高速馬場に適合するための環境が整えられている日本馬には不利になり、相対的にヨーロッパの馬が浮上してきます。高速馬場では日本馬にアドバンテージがありますので割引が必要と考えます。

カヒキ 牡5 57.0 ○○⇒記事作成後、回避を確認

父:ディープインパクト

母父:フレンチデピュティ

ディープインパクト産駒の最強世代と評された現5歳のダービー馬です。人気馬分析で解説したサトノダイヤモンドと同様、クラシックでトップクラスだった牡馬で、古馬になってパフォーマンスを落としています。もっと具体的に言えば、極限では直線で踏ん張りきれなくなるのです。

近走を見ますと、休み明けの札幌記念を連対後、間隔を開けた天皇賞秋で3番人気7着と人気より着順を落としました。馬体を大幅に減らしてしまったことが要因として考えられますが、それでもトライアルで好走した反動が影響したのでしょう。

それでは天皇賞秋凡走後の今回は?というと、馬体を戻せば前走よりは走れる状態にありますが、それでも掲示板前後かと見ています。直線での負荷を減らすために、前にポジションを取って欲しいところですが、そうすると距離延長で道中の負荷が大きくなりますので、直線で踏ん張りが利かない可能性が高くなります。

一昨年のダービー馬ということで取り上げましたが、どの条件を考えても、この馬がアドバンテージを取れる状況が思いつかない、というのが本音です。

予想に参加しています!

最強競馬ブログランキングへ